×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Cherエコバック

エコバックはCher。Cherのエコバックは洋服など、買い物した人のみが購入できるエコバックである。ブランドエコバックは入手困難な物が多いが、Cherエコバックは特に入手困難な一品。表参道を歩いていると、Cherエコバックを待ってお買い物をして、ショップの袋は断っている女の子達を見かけることがある。人気モデルSonomiや美香がブログで「Cherエコバックは、使いやすくて可愛いデザイン」と紹介してから人気になり、入荷してもすぐに売り切れの状態に。サイズは大と中があり、価格も大1,200円・小800円で両方購入しても2,000円とお得。人気の為、Cher直営店で洋服を購入した人のみ購入出来るという形に。Cherのロゴにハートマークが使われているのが人気の秘密かも。

ブランド商品でエコバック利用者を増やそう

最近どこのショップでもエコの一環としてエコバックの利用を呼び掛けている。一部のスーパー・百貨店では、エコバックの販売が始まったが、今や各有名ブランドメーカーもブランドエコバックを販売している。

少し前のエコバックは、レジのカゴの中に入れられるタイプのもので、店員に「何?」という顔をされてカゴから外されてしまった経験がある。今やエコバックは、ひとつだけでなく使い分けるのが当たり前の時代に・・・

ブランドエコバックには、マニヤハインドマーチ、エルメス、ベネトン、cherなど各社様々なエコバックを販売しオシャレの一部になっている。エルメスのエコバックは、高級ブランドらしく15万8550円の「シルキーポップ」を販売。15万円以上もするブランドエコバックにはとてもネギなどを入れるなんて考えられない。

マニヤハインドマーチのエコバック

有名ブランド製のエコバックが人気を呼んでいる中、一番人気はマニヤハインドマーチ製のエコバック。全国の百貨店で販売した時は、客が殺到して警察が出動する騒ぎにもなった。マニヤハインドマーチ製エコバックは、女性セブンで「マドンナご愛用2000円バッグ行列記」と伝えられ、若者や中高年が徹夜した伝説がある。

エコバッグと言えば、ナイロン製や紙製のトートバッグ風のものが多い。スーパーやコンビニエンスストアでのエコバックは「買い物袋」なので、おしゃれよりも軽くて小さくして持ち歩ける機能性が重視される。小さなリボンがトレードマークの「I'm Not A Plastic Bag」のマニヤハインドマーチ製エコバッグは綿でできている。デザインもお洒落で、若いOLにはエコバッグらしくないのがいいと評判になっている。マニヤハインドマーチ製エコバッグは、超セレブが出席することで有名な「ヴァニティー・フェア」主催のアカデミー賞アフター・ショー・パーティーの「おみやげ用」のバッグに採用され「セレブご愛用」として人気になった。